ヤル気を引き出す講師力養成講座
ベストセミナー
法人向け研修
法人向け研修一覧
コミュニケーション集中治療室往診
コーチング研修
人の心を動かすプレゼンテーション研修
ヤル気を引き出す講師力養成講座
女性管理職研修
女性社員キラキラ研修
会議運営ファシリテーション研修
管理職研修
若手社員フォローアップ研修
OJT研修
新入社員研修
講演の依頼
資料請求・お問い合わせ

 

 

 

  セミナートップ > 法人向け研修 > ヤル気を引き出す講師力養成講座
ヤル気を引き出す講師力養成講座 講師養成 インストラクター研修
ヤル気を引き出す講師力養成講座 講師養成 インストラクター研修
社内トレーナー、研修企画担当者向けのまったくあたらしい切り口の研修です。

「入念に準備をしたつもりなのに、受講者から期待したほどの満足度が得られなかった・・・」
「コンテンツはあるのに、それをうまく伝えられない」
「能力も講師としての資質もあると思って社員を指名したが、期待はずれの内容だった」
「我流でここまできてしまったが、プログラム化のノウハウを体系的に学びたい・・・」

研修を企画・実施する側として、こんなふうに感じることはありませんか?

また、伝えるべきコンテンツを持っているのにもかかわらず、
●受講者が魅力的に感じるセミナーや研修プログラムの設計方法がわからない
●相手に伝えるためのプレゼンスキルが不十分
●わかりやすい資料やマテリアルの準備のコツが身についていない

といった現状を抱えていらっしゃる現場担当者もいらっしゃるようです。

プレゼンテーションのセミナーや研修は世の中にたくさんありますが、
実際プレゼンのスキルとセミナー・研修講師としてのスキルには
だいぶ差があるのが現実です。なぜなら、研修やセミナーの講師には、
●セミナー・研修実施の前に「コンテンツをプログラム化する能力」
●受講者を巻き込んで動かすだけの「ファシリテーション能力」
●コンテンツを伝えきるための資料づくり

など、さまざまなプラスアルファの能力が求められるからです。

講師力養成講座の最大の魅力は、
●そもそも、コンテンツをどのようにプログラム化すればよいのか?という設計ノウハウ
●受講者が興味を持ち、積極的に参加するようになるファシリテーションのコツ
●学びを促進するための資料作成の手法
●もちろん魅力的なプレゼンテーターになるための極意

といった「研修講師」としてのスキルに特化したプログラムとして開発しているところです。

2日間の中で、実際に社内研修を進めていく上で、担当者が陥りがちな失敗、
疑問、難問をクリアーにしながら
、解決のための糸口と、
充実した研修にするための下準備についての方法をプログラムに盛り込んでいます。

講師・トレーナーとして活動を始める前に、また、今までの経験を振り返って
現状を見直す機会として、幅広い層の方に受講いただける内容です。

【実績】
東京電力、INAX、NTT西日本、JR東日本、東京ガス、日本生命、ジブラルタル生命、
ニコンシステム、エプソン販売、損保ジャパン、リクルート、フェデックス、あずさ監査法人、
エキサイト、コカ・コーラ、第一勧業アセットマネジメント、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、
中央三井信託銀行、日立製作所、GEキャピタルリーシング株式会社、ドコモサポート、
JR東海、NTTデータ、出光興産、三井情報株、東京海上日動フィナンシャル生命、
旭硝子、KDDI、三菱東京UFJ銀行、大同興業、大塚商会、大成情報システム、他。

 

●社内の教育担当者
●社内トレーナー
●講師として外部に派遣される社員の方
●営業、開発部門のプレゼンター

・プログラム設計の視点をもった研修担当者を育成する。
・ 社内の各部署に在籍する優秀な人材を、社内トレーナーとして育成し、次世代の人材育成
  プロフェッショナルとして活動するための視点・専門的知識・能力を身につける。
・プレゼンターとしてのスキルのみならず、プログラムを設計するノウハウ、考え方、
  参加者を巻き込むファシリテーターしてのスキルを習得する。

話を聞きたいから、会いに来て!情報交換から研修相談まで、ご希望の日時でお伺いします。

 

第1日目

10:00

イントロダクション
・講師力とは?
・【演習】自己紹介

10:20

第1部 <コンテンツを魅力的なプログラムに進化させる>
いいコンテンツはたくさん持っているのに、それが受講者に伝わるように
構成されていない・・・。この落とし穴から抜け出すために、受講者が
受講するモチベーションを高められるようなプログラム化のコツを
お伝えいたします。 また、コンテンツをプログラムとして構築する際の
オリジナルツールも提供いたしますので、この第一部を受講することに
よって、社内で実施する研修やセミナーのプログラムクオリティが
飛躍的に向上します。

・オープニングについて
・ゴールの明確化
・ アイスブレイクの手法
・メインプログラム構築メソッド
  1)ニーズの分析
  2)本質的課題の発見
  3)シナリオの構築
  4)プログラムの詳細化(20以上の研修メソッドと使い分け)
  5)プログラムの検証
・【演習】研修プログラム開発のケーススタディ

13:00

昼休み

14:00

 

 

第2部 <プログラムの実施準備とマテリアルの作成>
セミナー・研修実施のうえで一番大切なのは準備といっても過言では
ありません。ここでは、どういう視点をもって準備を進めていけば
効率的に進められるのか、という部分に焦点を絞ります。
また、実際に研修で使う資料を作成するポイントにも触れますので
明日からすぐに使える内容です。

・研修・セミナーの準備プロセス
・資料作成の目的と種類について
・管理業務について
・「わかりやすかった!」と言われる資料作成のコツ
・研修を定着させるために必要なエッセンス(事前準備と事後フォロー)

15:00

第3部 <今さら聞けないプレゼン入門>
実際に、講師として人前に立って話すときに、まず必要なのが
ベーシックなプレゼンテーションスキル。当たり前のことを当たり前に
できるようになるための基礎トレーニングを、数々の実習を通して行います。
講師という場面以外でも、初めての集まりでの自己紹介、打ち合わせ
での発表など、人前で話す機会で役立つ内容です。いわゆる「アガリ」
への対処法も学びますので、これだけであなたの第一印象は
格段にUPします!

・プレゼンテーション概論
・ よいプレゼンの条件
・【演習】プレゼンの基礎力強化(アイコンタクト、姿勢、ジェスチャー、声)
・アガリへの対処法
・プレゼンNG集

16:00

第4部 <自分ブランドとマイスタイルの発見>
話し方のうまい人が、すべて同じ話し方をしているわけではありません。
ゆっくりと重厚に話す人もいれば、テンポよくユーモアたっぷりの話し方が
魅力の人もいます。 プレゼンがうまい人の共通項は、どんなに短い
プレゼンであっても 「自分らしさ」が「自分のスタイル」を通してしっかり
伝わるということなのです。第4部では、講師としてのあなたらしさ・
スタイルを発見し、徹底的に磨きます。

・「自分らしさ」とは
・話し方のスタイル分類
・「自分自身のありかた」と共感
・【演習】話し方のSWOT分析
・自分スタイルの発見

18:00

振り返りとまとめ


第2日目

10:00

1日目の振り返り
【演習】自分らしいプレゼンテーションの発表

10:30

第1部 <ロジックとパッションで人を動かす話し方>
「話していることがよくわからない」「あの人の話はどうも心に響かない」
話し方の問題はいろいろありますが、集約するとこのふたつに落ちてきます。
すなわち、前者はロジカルな考え方が足りておらず、後者は情熱的な想いが
足りないのです。ロジックで頭に訴え、そして同時にパッションで共感を生む
話し方を身につけましょう。 人気講師には必ず備わっているスキルです。
ロジカルシンキングの演習や、情熱的なプレゼン演習などを通して、
体で理解していただけるよう設計しています。

・ ロジカルなプレゼンテーションとは?
・ロジカルを演出する魔法のツール
・【演習】ディベートでロジカルプレゼン
・情熱とは?
・情熱の源
・パッションを演出する魔法のツール
・【演習】パッションプレゼンテーション

13:00

昼休み

14:00

 

 

第2部 <参加者を巻き込むファシリテーション>
研修やセミナーを受けてもらって、それで「ああよかった」で終わってしまい
がちではないでしょうか?本来の、「行動に結びつく研修」の最後のポイント
として、「人を動かすプレゼンテーション」のコツがあげられます。セミナー
や研修を通して「人の心に共感を生む」ことができるようになるために
必要なスキルと考え方を学びます。 具体的には、参加者を盛り上げるコツ
やたとえ話の作り方、 聞き手を巻き込むファシリテーションのポイント、
そして質問を味方にする対応法などを学び、締めくくります。今回は、
特に参加者のディスカッションを盛りあげるためのファシリテーションスキル
に重点をおき、実習をまじえてお伝えいたします。

・相手が誰か?聴衆分析
・共感を巻き起こすメッセージ性
・受講者から意見を引き出すためのコツ
・聴衆を巻き込むファシリテーション
・フィードバックのポイント
・難しい受講生への対応
・【演習】ファシリテーション演習
・質疑応答を味方にする
・【演習】最終プレゼンテーション

18:00

振り返りとまとめ


企業研修導入事例

【ケース1】
東京電力株式会社 電子通信部電子通信技能訓練センター(詳細はクリック)

Q.研修導入のきっかけは?
A.オープンセミナーで実施している「講師力養成講座」に同僚が参加し、非常に気付きが
  多かったということで私も参加をいたしました。自分も受けてよかったのは、
  研修カリキュラムの作成方法や質疑応答のセッションです。世の中にいろいろな講座が
  あるとは思いますが、他にはないプログラムだと思います。

Q.研修企画時によかったと思った点はどんなところですか?
A.まず、弊社の事例にあわせてかなり具体的にカスタマイズしてもらった点でしょうか。
  プログラム設計なども弊社の技術的な研修にあわせた内容だったので、参加者も
  入りやすかったと思います。また、「研修を設計する前に」のパートや質疑応答の
  部分は後から追加してもらったのですが、入れてよかったと感じました。
  (受講者のアンケート結果など、続きはこちらをクリック

【ケース2】
財団法人 雇用開発推進機構 沖縄県キャリアセンター(詳細はクリック)

Q.導入前の状況は?
A.これまで様々なプログラムをスタッフ同士で検討しながら作成してきました。
 ところが、ここにきて授業の中で講師として学生たちが気づいてほしいところまでの
 落とし込みができない状況があり、総合的に講師としての力を向上させるような
機会
 あればと考えました。

Q.導入の決め手は?
A.決め手は、内容と見せ方両方だと思います。
 最初に案内を見たとき、「まさに私たちのためにある!」と感じました。
 「受講者のやる気を引き出す」という、
 わたしたちが今、
悩んでいることがテーマだったからです。

 他の研修もいろいろと調べましたが、プレゼンテーションやパフォーマンスの講座は
 あっても、「プログラムを設計する」
「ファシリテーターとして場をつくっていく」という視点で
 組まれた研修
は他にみあたりませんでした。
  (受講者のアンケート結果など、続きはこちらをクリック


  私は現在社内講師をしており、テキストも自分で作っていますが、
今回の研修で「プログラム化」という手法を学び、これまでいかに自己流で
適当なものを作っていたか反省させられました。
   この講座は10名という少人数も効果的ですし、何よりも須子さんの研修
の進め方、間の取り方、研修生からの質問に対する対応方法など、
その講師力を実際に見るだけでも勉強なりました。
  この「講師力養成講座」は、講師として必要と思われる内容が、
体系だって網羅されており
、私のように社内研修をやっている方ばかりでなく、
実際にプロとして活躍されている方も、原点に帰って自分のスタイルを
見直す意味で、参考になるものだと思います。(KDDI株式会社 加藤様)

  なかなかプレゼンテーションが上達しないと感じていましたが、
セミナー翌日、研修受講者の前で話をしたとき、今まで以上に自然と言葉が
出てきて驚き
を感じました。2日間のセミナーを通して自然体でいることが
一番だという気づきを得たからだと思います。これからは、自然体の自分でも
研修の講師が務まるよう、研修で扱う分野に関しても、人間的にも成長する
こと
を目標としたいと思います。(株式会社日本総合研究所 人事部 齋藤様)

  よく整理されており、リラックスして学べる、分かり易い講座でした。
プレゼンテーションのコツのみの伝授ではなく、講師自体に力をつけるという
目的により、自分らしく伝えることに焦点が当たっていました。要所要所に
一分間のプレゼンテーションがあり、その都度フィードバックを受ける形に
なっていたことも、自分らしさを知ることと、自分の癖に気づくことの両面に
効果がありました。

  めりはりのある進行で、受講生同士が楽しみながら学べ、受講生同志
の信頼関係が深まる設定となっていたように感じました。そして須子さん
の動じない立ち降るまい、発言からも多くを学べました。ゆとり、ユーモア、
落ち着き、使命感を持って伝えている印象などが、須子さんの在り方から
感じられました。 (大江亞紀香様・コーチ)

  わたしは、プログラム編成からテキスト作成まで自社内で行っているの
ですが、今期に入り壁にぶち当たりました。来期に向けてもう一度自社研修
のあり方を見直そうと悩んでいるときにベストセミナーのサイトでこの
研修を知ることになりました。
  研修では内容のプログラム化という専門性の高い知識や技術を体系的に
指導していただきました。
受講の感想として特に強調したいのは、
受講生とのワークを通じて自分自身の新たな発見と気付きがあったという
ことです。私は女性の部下と一緒に参加したのですが、研修中に彼女に
変化が起こり、その上あからさまに成長している事に驚かされました。

その日以来、彼女は強烈なポジティヴ人間となり今でも成長し続けています。
講師として必要な専門知識や技術を体得することは言うまでもありませんが、
もっと重要なことは講師自身の資質を向上させることにあると気付かされ
ました。
  今回研修を受講して、上記の経緯から私の「悩み」はあっけなく払拭
されました。来期研修はプログラム編成、テキスト内容をまっさらにして
「考えよう」という決断にいたったのです。須子講師の体系的かつ緻密な
プログラムによって須子マジックにかかってしまったわけですが、
私にとっては人事部研修担当の立場からしても、私個人という立場から
しても共に原点に返り、更に成長するきっかけを与えてもらった有意義な
研修でした。
  これから講師をなさろうとする方も、既にベテランの域にある方も
講師力養成講座はお勧めです。須子先生に会うだけでも価値観と人生観が
変わります。(株式会社シティコミュニケーションズ 人事部課長 加藤亮様)

私は、前職の研修会社で研修の運営に2000時間以上携わってきました。
そして、独立してからも、1000万円近くのお金と1000時間あまりの時間を
自分のスキルアップのために投資してきました。
   その過程で、参加者を感動の渦に巻き込むようなプレゼンテーションを
する講師や、やる気のない人がみるみる意欲的になるファシリテーション
スキルをもったトレーナーといった超一流の人たちのセミナーや講演を
数多く受けてきました。
   しかし、講師やトレーナーとしては非常に魅力的であっても、一過性に
終わってしまうセミナーも多く、講師の魅力とセミナーの効果は比例しない
ということも実感してきました。一方、講師自身はどこにでもいる普通の人で
あっても、それを受けると参加者が確実に変化していくというセミナーも
あったのです。
   その違いは何かと考えたときに、出た結論は、「プログラムの設計と構成」
でした。この「プログラムの設計と構成」がしっかりしていると、講師の力量に
左右されず、参加者に確実に変化をもたらす研修ができる
ことが
わかったのです。
   とはいえ、この「プログラムの設計と構成」をどのようにすればいいのかを
体系だって教えてくれるところは、これまでなく、私も我流で研修プログラムを
組み立てていました。 「家の設計を教えてくれる学校があるように、
研修プログラムの設計を体系だって教えてくれるところがあるといいのに・・・・」
そんなことを何年も考えながらいたところ、「講師力養成講座」に出会った
のです。
  受けてみての感想は、「お見事!」の一言でした。
特に私が感銘を受けた点は、
・受講生が変化するための研修をどのように設計すればいいかが体系的に
  かつ具体的に伝えられている
・その研修の設計の仕方をただ教えるだけでなく、実際にその場で作ってみる
  ことで、頭での理解を体での実感に変えているので、実行にうつしやすい。
・プレゼンテーション・ファシリテーション・コンテンツ設計と
  講師に必要な能力がバランスよく伝えられ、それぞれがレクチャーだけ
  でなく、エクササイズを通して、体験できるように組み立てられている

ということです。とにかく「受講生の視点に立って研修を設計する」ということが
すべての根幹に流れています。

   「学んだことを体系化するのが何より大好き」という須子さんの類まれな
才能からうまれたこの「講師力養成講座」は、すでに活躍されている講師や
トレーナーの方にとっては、自分の講演やセミナーを数段レベルアップさせて
くれるでしょう。
   そして、これから講師をしようという人にとっては、多くの人が試行錯誤
しながら2年、3年かかって身につける講師に必要なさまざまなスキルを、
回り道をせず短期間で習得できる道筋が見つかるでしょう。多くの人に影響
を与える講師やトレーナーという立場を選んだ方に受けていただきたい
セミナーです。(株式会社ファインネットワールド 代表取締役 赤木広紀様)


プログラムを作るときに、今までいかに考えてなかったかがよくわかりました。受講者のニーズと、本質的問題の両方を考え、それに合わせてコンテンツを組み立てていく具体的な方法として設計シートまでいただけたのは、大きな収穫でした。これからは教えていただいたことをもとにしてプログラムを作ってみたいと思います。 (株式会社ミュゼ 代表取締役 谷あゆみ様)

講座の内容はもちろんのこと、須子さんご自身からも、たくさんのことを学ばせていただきました。粘って、粘って、極限まで完成させてのぞまれるから、須子さんの講義を受けにみなさんが集まられるのですね。それと、動じないお姿にも、学ばせていただきました。受講生の方々のレベルも高く、今後の自分にとって大切な2日間になった予感がしています。
(中井結未衣様 プリザーブドフラワーショップとスクール経営

詳細

【お問い合わせ】
オープンセミナーの日程は、こちらをご覧ください

●企業内でのトレーナー育成研修についての、資料請求もしくはお問い合わせ
  こちらからお願いいたします。

●直近の開催(2〜3カ月以内)をご希望のご担当者さまや、直接話を聞いてみたい、
  という方は、以下よりご希望の日時を指定してお申込みいただけますと
  御社へ直接お伺いいたします。

話を聞きたいから、会いに来て!情報交換から研修相談まで、ご希望の日時でお伺いします。

 

【講師】
ガイアモーレ株式会社 代表取締役 須子はるか

米国ワシントンDCの大学を卒業後、IT系ベンチャー企業に入社。
史上最年少の女性リーダーを経て、 ブラジルで地域開発のプロジェクトに携わる。
NPO法人スプリングウォーター主催のビジネスプランコンテストにて優勝
賞金100万円獲得。東京電力、リクルート、三井住友銀行などの大手企業での研修を
はじめ、同志社大学、拓殖大学での講演、青年会議所や経営者の会でのプレゼンは
分かりやすく」「やる気がでて」「楽しい」との評価が多い。 また、教育研修プログラムの
設計やコンセプト作りには定評があり、株式会社ワイキューブのリクルーター向け研修、
女性起業塾のコンテンツ開発なども手がける。2008年に、世界最大の講師養成機関
Langevin Learning ServiceにてProgram Developerの資格を取得。

日本で初めて講師のためのイベント「講師サミット」を企画し、400人以上の講師を集め、
講師業界をよりよくするために志を持って取り組んでいる。

東洋経済新報社より、書籍『コミュニケーション集中治療室』を出版。

ガイアモーレ株式会社 浅田 梢 
高校卒業後、米国ロサンゼルスに渡米し、情報処理を学んだ後、
出身地の新潟にてIT企業にSEとして入社するが、 2年目にその対人能力、
コミュニケーション力を見込まれ、女性初の営業兼プレゼン・デモンストレータ−として
全国に向けての拡販に携わる。
北海道から沖縄まで日本全国を駆け巡り、訪れた都道府県は40以上、
3000人以上の人と関わる。

現在、ガイアモーレ株式会社にて、研修講師や日本初講師のための
大規模イベントやオンラインコミュニティなど、幅広い分野で活動中。

大手企業や全国の商工会、大学に至るまで幅広くプレゼン研修を実施し、
リピート率も高い。受講生からは、「自信が持てるようになった」、「楽しく学べた」、
「プレゼンが好きになった」などの声が多い。

当サービスは、ガイアモーレ株式会社によって運営されております(03-3556-2667)。
日経新聞、日経MJ、hanako、B-ing巻頭インタビューや各種ウェブメディア
で数多く掲載していただいております。メディア掲載履歴はこちらからご覧ください。