1. トップページ
  2. オープンセミナー
  3. ヤル気を引き出す講師力養成講座

ヤル気を引き出す講師力養成講座

概要

社内研修の講師、研修企画担当者など、自分の設計したプログラムを受講者に提供するすべての方へ。
「心に残る講師」「プログラム設計者」として羽ばたくための公開セミナーです。

詳細

プレゼン力だけでは講師は務まらない!? あなたの持つコンテンツを最大限に構成するノウハウを伝授します。

研修・セミナー講師をしている方、目指している方に向けたセミナーです。

プレゼンテーションのセミナーや研修は世の中にたくさんありますが、実際プレゼンのスキルとセミナー・研修講師としてのスキルにはだいぶ差があるのが現実です。 なぜなら、研修やセミナーの講師に求められるのはプレゼンテーション力だけではありません

  • セミナー・研修実施の前に「コンテンツをプログラム化する能力」
  • 受講者を巻き込んで動かすだけの「ファシリテーション能力」
  • コンテンツを伝えきるための資料づくり

など、さまざまなプラスアルファの能力が求められるからです。

講師力養成講座では、下記のような「研修講師」としてのスキルに特化したプログラムを学んでいきます。
  • そもそも、コンテンツをどのようにプログラム化すればよいのか?という設計ノウハウ
  • 受講者が興味を持ち、積極的に参加するようになるファシリテーションのコツ
  • 学びを促進するための資料作成の手法
  • 魅力的なプレゼンテーターになるための極意

2日間の中で、実際に研修やセミナーを進めていく上で、講師が陥りがちな失敗、 疑問、難問をクリアーにしながら、解決のための糸口と、 充実した研修にするための下準備についての方法をプログラムに盛り込んでいます。

講師・トレーナーとして活動を始める前に、また、今までの経験を振り返って 現状を見直す機会として、幅広い層の方に受講いただける内容です。

実績(※法人利用)
東京電力、INAX、NTT西日本、JR東日本、東京ガス、日本生命、ジブラルタ生命、 ニコンシステム、エプソン販売、損保ジャパン、リクルート、フェデックス、あずさ監査法人、 エキサイト、コカ・コーラ、第一勧業アセットマネジメント、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、 中央三井信託銀行、日立製作所、GEキャピタルリーシング株式会社、ドコモサポート、 JR東海、NTTデータ、出光興産、三井情報株、東京海上日動フィナンシャル生命、 旭硝子、KDDI、三菱東京UFJ銀行、大同興業、大塚商会、大成情報システム、他。

ヤル気を引き出す講師力養成講座 講師養成 インストラクター研修

pagetop

セミナー対象者

  • 企業内の研修やセミナーを実施することが多い方
  • 一般向けのセミナーを主催されている方
  • 研修・セミナーを実施するようになってから、ずっと自己流でやってきた方
  • 初めて研修講師として立つことになって、講師スキルと考え方を体系的に学びたい方

受講後のゴールイメージ

  • 受講生にとって「おもしろい、楽しい、また会いたい、さらに学びたい」という魅力ある研修・セミナーの講師になることができる。
  • セミナーの構成プログラム、設計のコツなど、体系化された知識を得ることで、自分にしかできないオリジナルの研修プログラムを作ることができる。
pagetop

内容

1日目

Ⅰ<イントロダクション>

 1. 「講師力」の成り立ち
 2. 本プログラムのゴールと個人目標設定
 3. 本講座のスタイル

Ⅱ <コンテンツをプログラム化するために>

いいコンテンツはたくさん持っているのに、それが受講者に伝わるように構成されていない・・・。この落とし穴から抜け出すために、受講者が 受講するモチベーションを高められるようなプログラム化のコツをお伝えいたします。 また、コンテンツをプログラムとして構築する際の オリジナルツールも提供いたしますので、この第一部を受講することによって、社内で実施する研修やセミナーのプログラムクオリティが飛躍的に向上します。

 1. 研修を設計する前に
 2. セミナー・研修の全体像
 3. オープニング
 4. ゴールの明確化
 5. プログラム化の手順
  ① ニーズを分析する 
  ② 受講者の本質的な課題を把握する
  ③ 受講者が変化するシナリオを描く
  ④ プログラムの詳細化
 6. クロージング

昼休み

Ⅲ <事前準備と事後フォロー>

セミナー・研修実施のうえで一番大切なのは準備といっても過言ではありません。ここでは、どういう視点をもって準備を進めていけば効率的に進められるのか、という部分に焦点を絞ります。
また、実際に研修で使う資料を作成するポイントにも触れますので明日からすぐに使える内容です。

 1. 資料作成の目的は?
 2. 資料の種類
 3. 会場セッティング
 4. 事前コミュニケーション
 5. フォローの仕組みづくり

本日の振り返りとまとめ
2日目

Ⅳ<振り返りと質疑応答>

 1. 1日目の振り返り   2. 質疑応答セッション  3. 質疑応答のマネジメント

Ⅴ <講師のためのプレゼンテーション>

「話していることがよくわからない」「あの人の話はどうも心に響かない」
話し方の問題はいろいろありますが、集約するとこのふたつに落ちてきます。

すなわち、前者はロジカルな考え方が足りておらず、後者は情熱的な想いが足りないのです。ロジックで頭に訴え、そして同時にパッションで共感を生む話し方を身につけましょう。 人気講師には必ず備わっているスキルです。
ロジカルシンキングの演習や、情熱的なプレゼン演習などを通して、体で理解していただけるよう設計しています。

 1. プレゼンテーションの基礎
 2. 「自分らしさ」のエッセンス
 3. 論理的な話し方のコツ
 4. 情熱的な話し方のコツ

昼休み

Ⅵ <ファシリテーション>

研修やセミナーを受けてもらって、それで「ああよかった」で終わってしまいがちではないでしょうか?
本来の、「行動に結びつく研修」の最後のポイントとして、「人を動かすプレゼンテーション」のコツがあげられます。セミナーや研修を通して「人の心に共感を生む」ことができるようになるために必要なスキルと考え方を学びます。 具体的には、参加者を盛り上げるコツやたとえ話の作り方、 聞き手を巻き込むファシリテーションのポイント、そして質問を味方にする対応法などを学び、締めくくります。今回は、特に参加者のディスカッションを盛りあげるためのファシリテーションスキルに重点をおき、実習をまじえてお伝えいたします。

 1. 聴衆分析
 2. 受講者から意見を引き出すために
 3. フィードバックのパターン
 4. 難しい受講者への対応

Ⅶ<2日間のまとめ>

 1. 振り返り
 2. おわりに

研修の様子を動画でご覧いただけます。

pagetop

料金案内

自腹で参加される個人の方: 98,000円 (税別)※2日間
会社支払いとなる法人所属の方: 125,000円 (税別)※2日間
一日特別版 50,000円(税別)
pagetop

開催日程・お申し込み

 

2018年 7月

●第130期
※一日特別版
2018年 7月7日(土) 10:00~18:00 受付中!

2018年 9月

●第131期 1日目 2018年9月26日(水) 10:00~18:00
2日目 2018年9月27日(木) 10:00~18:00
受付中!

 

上記日程以降、また東京以外の開催地での実施について、随時優先案内受付中! ※日程がオープンになり次第ご連絡いたします。お気軽にお問合せください。

【定員】 
10名限定
※最小催行人数は2名です

※企業内でのトレーナー育成研修も承っております。企業内での実施の場合は、法人用窓口よりお問い合わせください。

研修の様子を動画でご覧いただけます。

開催場所

●東京会場
ガイアモーレ株式会社オフィス 飯田橋セミナールーム
東京都千代田区富士見2-6-9 雄山閣ビル4階-A (→地図)
※最寄駅:JR総武線、有楽町線、東西線、南北線、大江戸線 「飯田橋」駅 徒歩2分

pagetop